満足できる物件探し!?リノベーションの中古物件について初心者にも分かりやすく解説

このサイトでは、満足できる物件探しをするためにリノベーション済みの中古物件について詳しく解説しています。
かかる工事費は同じ広さでも違いが出ることや、マンションの場合には階数によっても費用が異なることを説明しています。
最近では売却時に既に大幅な改修が行われているケースも増えていて、その場合は新たなに計画を立てる必要がありませんので楽ですが、購入後に自分好みに直していく場合にはこだわりを詰め込むことが可能です。

満足できる物件探し!?リノベーションの中古物件について初心者にも分かりやすく解説

中古物件を購入してリノベーションを行った場合の満足度は非常に高くなっていて、立地の良い場所にありながらも価格が手ごろという点が評価されています。
購入しやすい価格帯の物件を手に入れた後は、自分好みにカスタマイズできますので、少ない費用でもこだわりの家にすることが可能です。
これがリノベーション物件の最大の魅力であり、同じような条件で新築物件を購入するのは難しいと感じている人たちでも、予算内で手に入れられます。

リノベーションするときの中古物件の選び方のポイント

リノベーションをするための中古物件を探す場合のポイントですが、築年数は15年から20年程度が良いとされています。
新築からまだ間もない物件の方が価値が高いので良さそうに思えますが、数年の間に売買価格が大きく下落しますので、落ち着いてくる築15年くらいが良いようです。
実際にリノベーションを行う時に問題になるのが柱や壁であり、既存の柱や壁を上手く活用できないと間取りの変更も難しくなります。
活用できない場合のリスクを考えるとこれらの制約が少ない物件の方が安心であり、自由に内装や間取りを変更できます。
それ以外で気を付けて見ておきたい点は、物件の状態や耐震性です。
物件の状態を把握するのが難しい場合には専門家に依頼をしてチェックを受けるのがお勧めであり、耐震性に関しては新耐震基準をクリアしていることが最低限の条件です。
1981年6月1日よりも前に造られた建物は、旧耐震基準の物件ですのでお勧めできません。

中古物件でもリノベーションに不向きなものもある?

手ごろな中古物件を購入してリノベーションを行えば、少ない費用で理想の家づくりができます。
最近では様々なリノベーションの手法が紹介されていて、非常に多くの事例を集めることができます。
ただし、同じ中古物件でも不向きなものもあり、例えば旧耐震基準の物件は耐震性に問題がある可能性大です。
1981年6月以降に建てられた物件は新耐震基準をクリアしているので安心です。
築年数の新しい家もあまりお勧めできません。
新しく建てられてから数年間は売買価格が大幅に下がりますので、建てられてから数年程度の場合には購入時に割高であり、その上リノベーションを行おうとすると新築で購入した場合と差がなくなります。
築15年程度になると下落の幅が小さくなって価格が安定してきますので、そのくらいの築年数の家を狙うと良いでしょう。
立地も重要なポイントになり、立地の良くない場所に建てられている場合には、いくら良い家であっても資産価値が高くなりません。

リノベーションに最適な中古物件の特徴を把握

リノベーションに最適な中古物件を探したいと考える場合、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。
間取りを変更したい時には柱や壁による制約が少ない方が良いので、マンションなら柱と梁で建物を支える構造であるラーメン構造の建物を選びます。
戸建ての場合には2×4工法よりも在来工法の方がリノベーションしやすい構造です。
価格の面から見ると、築年数が15年~20年くらいの物件が入手しやすくなっています。
それよりも新しいと購入後に売買価格下がる可能性が大きく、あまりお得な感じがしません。
15年程度が経過すると、価格が落ち着いてリスクの軽減にもつながりますので、築年数にもこだわって探しましょう。
物件の状態も重要であり、適切に管理されていなかった物件は見えない部分に問題が発生していることがありますので、細かな部分までチェックしてから決めることが大切です。
新耐震基準をクリアしていることも条件の一つとしてあげられます。

中古物件を購入してリノベーションするときの費用とは?

中古物件を購入してリノベーションを行う時にかかる費用は、どの程度の工事をするかによって違ってきます。
間取りの変更を行う場合には大々的なリノベーションが必要となり、その分時間もお金もかかりますので、間取りを変えたい時には予算を考慮しながら計画を立てることが大切です。
水回りに関してはキッチンの設備を変えることが多く、グレードの低いものなら20万円くらいからあります。
こだわりを取り入れると150万円以上の費用がかかるケースもあり、キッチンを移動する時にはさらにそこに200万円前後のお金がかかります。
他に手を加えるところとして、収納を増やすのはよくあることです。
収納棚の大きさや規模によって10万円から100万円くらいの幅で考えておくと良いでしょう。
劣化しやすいトイレやお風呂場、洗面所等をまとめてリノベーションする場合、セットで安く済むこともあります。
統一感を持たせるために、あえて一度に行う人も多いようです。

リノベーション,中古物件に関する情報サイト
リノベーション済み中古物件とは?

このサイトでは、満足できる物件探しをするためにリノベーション済みの中古物件について詳しく解説しています。かかる工事費は同じ広さでも違いが出ることや、マンションの場合には階数によっても費用が異なることを説明しています。最近では売却時に既に大幅な改修が行われているケースも増えていて、その場合は新たなに計画を立てる必要がありませんので楽ですが、購入後に自分好みに直していく場合にはこだわりを詰め込むことが可能です。

Search